1953   創業 初代社長古中重蔵 トレーニングパンツ・野球ユニフォーム製造販売

 

1957   有限会社中重商店設立

 

1960   米国向け縫製開始 輸出の全盛期を迎える

 

1963   中重被服興業株式会社へ名義変更

 

1967   国内向けワーキングウエア・ゴルフパンツ製造販売

 

1972   1971年のニクソンショックにより輸出から国内向けに切替 カジュアルウエア月産約1万本、ワーキングウエア月産約2万本、月産3万本の縫製加工

 

1975   デニムパンツ縫製スタート

 

1978   古中一成社長就任

 

1982   著名デザイナーブランド約10社に向け、大手生地メーカーと組み厚物デニム14OZ~16OZを使ったフルアイテムの受注縫製を開始

     小ロット・多品種・短サイクルのモノ作りを実現させるため、TSS方式(トヨタソーイングシステム)を基にした一枚流しを採用

 

1993-95   財閥系商社の依頼によりベトナムへ技術指導

 

1992   中国人研修生の受け入れスタート

 

2013   東京のアパレル・小売店約20~30社からの受注により月産15000枚、関連工場含め約120名、売上6億円

​2018   中重被服興業株式会社の業務を引き継ぎ、株式会社中重を設立